アトピーに注意したい食べ方

アトピーの方は食べ方にも注意していただきたいです。

食べすぎは良くないので腹八分目にしてよく噛んで食べるようにしましょう。

糖分や脂っこいものも避けた方が無難でしょう。

たんぱく質は動物性たんぱく質ではなく、味噌や納豆、魚介類のたんぱく質を摂るようにしましょう。

また、無農薬、無添加の食品を選びましょう。

食事制限はつらいと思いますが、アトピーの悪化を防ぐため、がんばりましょう。

なぜ腹八分目がいいのかと言いますと、食べ過ぎにより大量のタンパク質が体内に入ると、免疫が低下してアトピーを引き起こします。

消化でできなかったものは腸内に留まりガスを発生させて便秘や悪玉菌を増加させて腸内環境を悪化させます。

また、よく噛んで食べることで唾液に含まれる消化酵素がたくさん出るので消化しやすくなります。

よく噛まなければアミノ酸に分解されないので免疫力が低下し、消化するために大事な酵素が使われてアトピーを引き起こします。

アトピーの方は注意してほしいことがたくさんありますが、特に夜遅くに食事するのはよくありません。

寝る前にたくさん食べてしまうと眠りが浅くなって、睡眠の質が悪くなってしまいます。

睡眠の質が悪くなると自律神経が乱れてビタミンB6の不足を招くのでアトピーや鼻炎、花粉症の原因になります。

また、寝る時に胃の中に食べ物が残っていますと、胃酸が分泌し続けるので逆流するかもしれません。

食道に胃酸が逆流すれば粘膜が傷つけられますし、気管支に逆流すればぜんそくの原因になってしまいます。

また、消化不良にもなってしまうので腸内環境を悪くしてアトピーの原因にもなります。

また、夜遅くに食べる甘い物もよくありません。

夜にお腹がすけばお菓子を食べたくなる気持ちはわかりますが、後は寝るだけなので体力も使わないのでエネルギーを補給するということは、腸内の悪玉菌を活性化させます。

果物も果糖が入っていますので夜ではなく朝食前に食べるのが一番良いと言われています。

Comments are closed.